初めての人も仕事に取り組みやすい製造業の職場を選ぶには?


シンプルな作業がメインとなる工場がおすすめ

ピッキングや箱詰め、品質管理などシンプルな作業がメインとなる工場は、製造業に関心のある求職者の間で高い人気があります。特に、小型の電子部品や家電製品、食品などを扱う工場は、体力的にハードな作業が少ないことや、こまめに休憩を取りやすいことなどから、幅広い年齢の人が活躍しやすい環境となっています。最近では、様々な働き方を希望する求職者を受け入れるため、フルタイムの他にパートや契約社員、派遣社員安どの受け入れを強化している工場の数が増えています。そうした中、無理なく仕事に取り組むうえで、業務経験が無い採用者を対象とした勤務前の集合研修を実施しているところや、職場ごとにマニュアルが用意されているところを勤務先の候補にすると良いでしょう。

社員用の寮を利用できる条件や月々の出費をチェック

製造業の工場の求人の中には、雇用形態にかかわらず社員用の寮を利用できるものが多く、遠い地域から仕事を求めにやってくる人も珍しくありません。寮を利用できる条件や月々の出費については、勤務先の工場を経営する企業の業績や人事の方針などに大きく左右されるため、時間を掛けて職場探しをすることがおすすめです。スタッフの処遇改善に努めている企業の中には、毎月の寮費を数千円程度に設定したり、希望者を対象に食事の提供をしたりするところも多くあります。その他、求人に応募をする前に寮の生活環境の良し悪しについて確かめたい時は、求人担当者に質問をしたり、実際に寮の見学をさせてもらったりするといった方法があります。

社会人を対象とした人材派遣業のイメージが強い綜合キャリアオプションですが、実は学生に特化した支援センターもあり就活生と企業を結ぶ事業も展開しています。