高収入を得られるプロの運転手になるにはどうすれば良い?


派遣の運転手として一定のキャリアを積もう

将来的に役員運転手など高収入を得られるプロの運転手になりたい場合は、一定期間派遣の運転手として働きながら様々な職場でキャリアを積むことがおすすめです。最近では、二種免許を持つ求職者へのサポートに力を入れている派遣会社の数が増えており、ある程度の乗務経験を持つ人については、優良企業に派遣してもらえる可能性が高い状況となっています。また、派遣の運転手に期待されるスキルや経験については、派遣先の企業の業種や乗務の時間帯、回数などによって違いがあります。そうした中、自分に向いている企業で働きたい人は、早いうちから派遣会社の信頼できる担当者と相談をして、過去の乗務経験を生かすことができる職場の求人を選ぶことが大切です。

専属運転手の仕事内容や待遇についてリサーチしよう

専属運転手の仕事内容や待遇は、各企業の事業内容や経営状態などに影響を受けることがあります。一般的に、大企業に勤務する専属運転手は、事務や経理などのデスクワークの社員とほぼ同様の条件で働くことができ、定年まで安定収入を得やすいといったメリットもあります。大手企業の採用ページには、まれに専属運転手の募集案内が掲載されることもあるため、ベストな時期に就職を果たすうえで、日ごろから求人募集の有無を確認することがおすすめです。なお、専属運転手の働き方について詳しく知りたい時には、実際に大手企業の役員の運転手として長く勤めている人の体験談を参考にしたり、ドライバー関係の就職フェアなどに参加をしたりすると良いでしょう。

運転手の派遣は、正社員を雇用する場合と比べて賃金を安く抑えられることや、教育費が掛からないことなどから、様々な業界の企業内で導入が進んでいます。