CADを学んで就職しよう!どんな求人がある?


CADを使えると働ける現場は多い

CADを習得して自在に使いこなせるようになると働ける現場がたくさんあるので選べる求人も豊富になります。就職するときには何をして働くのが自分にとってやりがいがあるのかをよく考えて選ぶのが大切です。建築や設計の仕事ではCADが日常的に使われているので設計士や建築士のアシスタントになることもできます。また、CADを学んでクリエイターになりたいという人は多く、ウェブ業界やゲーム業界、アニメ業界などで活躍しているクリエーターも大勢います。しかし、コンピューター上に二次元や三次元の図や立体を作り上げることができる技術は色々な業界で使われるようになっているのが現状です。商品開発でもよく用いられるようになっているので業種は限られることはないと考えましょう。

CADのスキルをアピールするには

就職してCADを使った仕事をしていきたいという場合には、求人に応募するときにCADのスキルをアピールすることが重要になります。そのスキルに価値があると認めてもらえると、採用されてから自分のやりたいと思っていた仕事を任せてもらえるようになるでしょう。CADのスキルをアピールする上で重要なのは、実際に何ができるのかを具体的に伝えることです。CADを使って何をした経験があるのかを示すのが端的でわかりやすいでしょう。3D CADを使えると言ってもどのくらいのことができるのかを想像するのは困難です。しかし、新製品の人形をCADで三次元的にデザインした経験があると言えば、スキルの程度を容易にイメージできるのです。

CADオペレーターとは、設計者などが考えたものをCADに入力したり、変更があった場合の修正など、CADの操作を専門的に扱う仕事です。