外資系企業への転職に備えて準備しておくべきこと


ビジネススキルを徹底的に磨いておくこと

外資系企業は、実力さえあれば多額の報酬を得られる魅力的な職場ですが、一方で使えないと判断されれば簡単に職を失うリスクもあるため、転職するに際しては十分な準備を行う必要があります。特に重要なのは、競争力のあるビジネススキルを徹底的に磨いておくということです。外資系企業で活躍するためには、他者にはない自分だけのスキルを身に着けておくというのが大切ですので、転職してからそのようなスキルを習得するのではなく、今の職場で経験を積むなどしてしっかりと実力を伸ばしてから転職するようにしましょう。なお、どうしても自分だけのスキルを身に着けられないという場合には、今あるスキルのレベルを徹底的に高めるというのも有効です。例えば、営業マンであれば、営業トークを磨いてどのような顧客に対しても自社の商品をアピールできる力を養っておくと良いでしょう。

ネットワークを構築しておくこと

外資系企業では、転職して間もないからといって賞与の査定などで甘く見てくれることはありません。そのため、転職するとすぐに成果が求められるのですが、そのためには事前に転職先の社内や業界内にネットワークを張り巡らせておく必要があります。社内で頼りになりそうな人を見つけておけば、何か困った際に気軽に相談できますし、取引先やクライアントとなり得る起業のキーマンとのコネクションを築いておけば、スムーズに商談を持ちかけられるはずです。転職を考えているのであれば、普段から一緒に仕事をする人々との関係を深めておくようにしましょう。

外資系転職は、グローバルに活躍することができます。様々な分野の求人があるため、新しいことにチャレンジすることができて楽しいです。