外資系転職を成し遂げるためのポイントとは?


自己分析を徹底的に行うこと

外資系企業に転職するためには、事前に自己分析を徹底的に行って自らのキャリアの棚卸を行うことが大切です。それによって、自分がどういったスキルや強みを有しているかを明らかにし、それらを有することで企業にどのような貢献ができるかを客観的に説明できるようになるためです。外資系企業が社員を募集する場合には、一から社員を育てるという発想を持っていない場合が多いため、採用されるためには自分がいかにその企業にとって有用な人間であるかを積極的にアピールする必要があります。日本人は自分のことを謙遜しがちですが、外資系への転職を目指す場合には、そういった性格はマイナスに作用する可能性がありますので、多少誇張気味と感じるくらいに積極的に自己PRするとよいでしょう。

転職エージェントを活用すること

転職活動は独力で行うという方法もありますが、外資系企業への転職を目指すのであれば外資に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。外資の世界は意外にコネクションが重要ですので、エージェントが持つネットワークは強い武器となります。エージェントがクライアントである外資に適した人物であると評価してくれるだけで、採用される可能性が高まる場合もあるため、なるべく利用できるものは利用したほうがよいでしょう。ただし、エージェントに登録するだけで転職が約束されるわけではありません。エージェントとともに自分の強みを整理し、それに合った企業を見つけるという地道な作業が必要なのです。

外資系求人では語学力、個人の実力が求められます。一人一人の成果が会社の成果に繋がるのでいくつになってもスキルアップを目指し、日本国内・国外どちらの支社でも自分の意見を持った人材が求められます。