単身赴任の際に最適なマンスリーマンション!魅力や物件選びのポイントをご紹介


単身赴任の住まい!マンスリーマンションのメリット

単身赴任で1年以内の数か月間だけの住まいを探すときは、どういった住まいを選べばいいのか悩むことがあるでしょう。そういったときは、ホテル暮らしをするよりも割安で住めるマンスリーマンションを選ぶのがおすすめです。マンスリーマンションとは、その名前の通り、月ごとの単位で契約する賃貸形式のことをいいます。メリットとしては、入居審査が甘くて空き部屋があればすぐに入居できるということと、テレビ・冷蔵庫などの家電やベッド・カーテンなどの家具の設備が整っているところです。水道や電気、インターネット環境も入居したらすぐに使える状態になっているため、初期費用のコストダウンにつながることや、仕事が忙しいサラリーマンにとっては引越しの手間や労力の解消になるところが魅力です。

単身赴任の際のマンスリーマンション選びのポイント

家族と離れてはじめて単身赴任をするというサラリーマンの方もいるでしょう。慣れない一人暮らしの不安を少しでも解消するには、住まい探しに失敗しないように、マンスリーマンションの物件選びも入念におこなったほうがよいです。自炊などの家事がある程度できるという人は、ガスか電気コンロかといったキッチンのタイプの確認をしておくとよいでしょう。洗濯を干す場所とアイロンはあるかなど、自分が家事に利用するための設備が揃っているかもよくチェックしておくとよいです。また、自炊を続ける自信がないという人は、近隣にコンビニやスーパー、飲食店などがあるかを調べたり、あるなら深夜まで営業しているかをチェックしておきましょう。

マンスリーマンションとは、短期間だけ居住することを前提に提供されているマンションです。すぐに暮らせるように家具などの設備が整っているため、転勤が激しい人にオススメです。