人気のあるトラックドライバーの求人の魅力はこれ!


働く環境の改善について

トラックとライバーは長時間の労働でハードな仕事というイメージがありますよね。近年では働く環境が整備されています。それは、ドライバーの長時間労働による事故や人気の低下を下げるためです。まずは、運転時間が決まっており長時間労働にならないように管理されています。次に、長距離トラックでは快適に休めるようにトラック内に仮眠室が確保されるなど居心地のいい状態となっています。時間に焦りを感じて安全運転がおろそかにならないようにドライブレコーダーの設置で運転手を監視したり、速度制限を守れるようにリミッターを搭載したりなどの工夫がされています。モチベーションを上げるため安全や技能の表彰制度も取っています。さらに、家庭や趣味が両立ができるようにワークライフバランスを保つために有給休暇や長期休暇も推奨しています。

初心者でも歓迎されます

トラックのドライバーは中型や大型の運転免許が必要となります。すでに取得していいたり経験があれば採用では有利になりますが未経験でも採用してくれるのです。未経験歓迎といったキーワードがありますので就職先の条件をよく調べておくことがポイントです。会社負担で免許を取らせてもらえる機関と費用を提供してくれるのです。さらに、仕事のスキルの幅を広げるには、クレーンやフォークリフトの免許を持っておくと便利です。自分で運んだ荷物を運搬したり、倉庫の整理をしたりなどいろいろな活躍の場があります。自分のスキルアップにもつながりますよ。

物流業界の人手不足は大きな問題となっており、トラックドライバーの求人も増えています。特に、宅配向けの軽貨物のドライバーの求人数は顕著に伸びています。