秘書検定を取得するための勉強方法には何がある?


通信講座を活用して取得する

秘書の資格には、秘書検定があり秘書に必要な知識と技能を身に付けている事を証明する資格になります。初めてこの資格の勉強をする人にとっては、新しく学ぶ事も多く、今までビジネスマナーの勉強をしたことがない人は戸惑う可能性があります。そこで、効率よく勉強する方法としては、通信講座を利用する方法がありますね。通信講座会社は多く存在して、その中には秘書検定の通信講座を取り入れている所があります。通信講座のメリットは、適切な参考書と問題集が家に送られてくるので、自分で参考書を購入しなくても良いという点です。また、分からない事があれば担当の先生にメールや電話で問い合わせる事が出来るので、自宅学習でありながら分からない所をスムーズに解決出来るメリットがあります。

自分で参考書と問題集を購入して勉強

派遣の秘書を目指す場合には、秘書検定を取得した方が採用されやすいです。そこで、秘書検定を取得する場合の勉強方法としては、自分で参考書と問題集を購入して勉強する方法があります。秘書検定の参考書は書店で多く販売されており、インターネットでも購入する事が可能です。つまり、参考書と問題集は簡単に手に入るという事ですよね。2級や準1級というように、それぞれの級の参考書が販売されているので、独学でも十分秘書検定を取得する事が可能です。また、準1級以上は面接試験もあります。しかし、面接試験対策の参考書も販売しているので、面接対策も独学で十分可能です。ただ、通信講座と違って、分からない所は自分で参考書を見て解決していく事が必要です。

秘書の派遣とは、どこかの派遣会社から、自社へ秘書業務の能力を持った人材を借りてきて、働かせることです。