子供に関わる代表的な仕事!保育士の仕事内容やなり方を紹介


保育士とはどんな仕事?

保育士とは、乳児から小学校に入学するまでの幼児を保育する資格を持った人たちのことを指しています。多くの保育士は保育施設で働いていて、そちらに預けられた乳児や幼児を決められた時間内でお世話をすることになります。保育施設以外にも学童や児童養護施設や障碍者施設で働いている人もいますし、ベビーシッターとして自宅に訪問する形で乳児や幼児のお世話をしている人も増えてきているようです。

保育士の仕事内容について

保育士の仕事内容は勤務している施設やサービスによって異なるものの、基本となるのは「預かっている乳児や幼児の保育」です。その保育の中にはただ預かった乳児や幼児のお世話をするだけではなく、社会生活や集団生活の中で必要となるルールやマナーを教えたり基本的な生活習慣を身につけるための訓練や指導も行われています。このため保育士は乳児や幼児の親の代わりに子供の成長を促す役割を持っているため、その仕事内容は非常に重要だと考えられているのです。

保育士になるためには?

保育士は国家資格であり、取得するためには国家試験を通過する必要があります。ただ試験を受けるためには、一定の条件をクリアしなければいけません。一般的には保育士養成課程のある大学や専門学校を利用する方法が利用されていますが、それ以外にも通信教育や保育士試験を受けるなどの方法も利用されています。費用面でいえば通信教育や保育士試験がリーズナブルとされているものの、倍率が高いことから大学や専門学校を利用する方が確実だと考えられているようです。

条件の良い保育士の求人を大阪で探すなら、地域を広く見ましょう。一部の地域に限定すると条件に偏りがある場合があるので、少し広めに地域を取るのが良いでしょう。